オレンジ株式会社 LIXIL不動産ショップ

福島県いわき市の不動産、売買、賃貸、管理、土地、中古住宅、マンション、アパート、資産活用、相続相談ならオレンジ株式会社へ。

スタッフ紹介

banner01

banner02

banner03

banner06f

banner09

banner11

banner11f

 

小林社長への質問と答え

banner01f

Q1.社長の経歴をお聞かせいただけますか。

1968年、いわき市三和町に生まれました。
中学生時代は野球に明け暮れ、部員14人ながら新人戦市大会準優勝という成績を収めました。
1986年県立磐城高等学校卒業後、建設関係の事務組合を経て、バブル絶頂期に不動産業界で活躍している友人に憧れこの業界に飛び込み、いわき市内の不動産会社で8年間、売買仲介、アパートマンションテナントの賃貸仲介管理、土地分譲、建売分譲に携わりました。
1998年、地元不動産会社の設立に参画し、専務取締役として6年勤務、主に不動産売買仲介、土地分譲に携わりました。同社が加盟する全国不動産ネットワーク『ワンズON』のセールスコンテスト「ワンズONアワード」にて、全国の営業マンの中から年間最優秀成績者に贈られる「売買ベスト・ウィナー・アワード」を2003年から2004年まで2年連続して受賞しました。
2004年12月オレンジ株式会社を設立、代表取締役に就任、現在に至ります。

Q2.「オレンジ」という名前はシンプルでとても覚えやすい名前ですよね。
この会社名の由来を教えて下さい。
小さい頃からオレンジ色が大好きでした。私が5,6歳の頃でしょうか、当時、父が日産のチェリーという車を新車で買う時に、父と母が飽きない色ということで白を選ぼうとしていました。しかし、私は絶対オレンジ色じゃなきゃイヤだとダダをこね、結局、父はオレンジ色の車を買うハメとなりました。今思うとオレンジ色の車に乗っていた父はかなり目立っていたことでしょう。
父は真面目でお堅い地方公務員でした(笑)
私のわがままで、オレンジ色の車に乗ってくれた優しい父には心から感謝です。

私の大好きなオレンジ色はとても不思議な力を持っています。オレンジ色はとっても明るい太陽の色です。暖色系の中でも特に柔らかく、温もりに満ちた色です。また、誰をも寄せ付け元気にしてくれるパワーを持った色であり、明るく朗らかになり、チャレンジ精神が湧いてくる色です。
そんなオレンジ色にはたくさんの夢が詰っています。何かを期待させてくれるワクワクした色です。
私が求める不動産業者のあるべき姿が、このオレンジ色には凝縮されています。
オレンジ色こそが、弊社のスタッフが目指すカラーであり、全てのスタッフが魅力あふれるキラキラ眩しいほどのオレンジ色に染まってくれることを願っています。

Q3.2011年3月11日の東日本大震災・原発事故の後も、オレンジさんは1日も休まずに営業されていたと聞きました。
その時の状況をお聞かせ頂けますでしょうか。
震災日当日の夜、不動産業に携わる者として今こそ強い意志を持って業務を全うする時だと、全社員に翌日の出勤を命じました。
皆不安だったと思います。私も不安でした。ただ、命が無事で、家族が無事で、家も会社も無事だった私達は、家族を失った方、家を失った方、勤める会社を失った方たちよりも余力が残っているはず、何かできることが必ずあるはずだとスタッフに話しました。
震災翌日の3月12日に出社すると、震災で自宅が崩壊し、昨日は近くの公民館に宿泊したというお客様や、津波で自宅が流され、着の身着のまま現金も身分証明書も持ち合わせないお客様が来店されました。
私はすぐ担当者に、これから現金や身分証明書を持たないお客様が多数ご来店されるだろうから、管理アパートのオーナー様にそのようなお客様にもお部屋を貸し出す許可をとるよう命じました。
ありがたいことに、すべてのオーナー様が快諾して下さいました。
公民館や体育館の固い板の間に寝なくて済むと多くの被災者の方に喜んでいただきました。
しかし、福島第一原発の原子炉水素爆発後は、弊社スタッフも避難を始めました。一人二人とスタッフは減り、最後に会社に残ったのは、私を含め二名のスタッフでした。
断水に続きガソリンや食料までも無くなる中、放射能の脅威に恐れず、メガネに帽子、マスク姿で自転車をこいでお客様を案内してくれたスタッフの姿は今でも忘れられません。
また、やっとの思いで東京に避難したのに、その翌日に段ボールいっぱいの食料を届けに来てくれた取引先の社長。宅急便がいわきには配達しないことがわかり、ワゴン車いっぱいに食料や生活用品を積み込み15時間以上の時間をかけていわきまで来てくれた奈良に住む不動産業界の大先輩。それは本当の人の温かさを感じた瞬間でした。
優しい人達にたくさん触れ、そして優しい気持ちをもっともっと持ちたい。それは震災後、私が学んだ一番の財産でした。

Q4.先ほどの震災・原発事故もそうですが、これまで何度も辛く大きな壁が立ち塞がったこともあったかと思います。
しかしその壁を乗り越えて会社をここまで大きくできた理由とは、ズバリなんだと思いますか?
毎日が壁との格闘です。
やっとの思いで難しい問題を解決したとほっとした瞬間、すぐに次の問題が目の前に迫ってきます。
生きるということは常に壁を破り続けることなのでしょう。
そうであるなら、ただひたすら前向きに生きることに尽きると思います。

ただ今はその壁に一緒に立ち向かう仲間がいます。
仲間は険しい道を先陣切ってかき分けながら歩いてくれます。仲間は躓きながら転びながらも必死になって後を追ってくれます。
彼らがいる限り、私はその歩みを緩めるわけにいかないし、どんな大きな壁をも打ち破る強い精神力を持って立ち向かおうと思わせてくれます。
仲間こそが私を奮い立たせるパワーです。

Q5.今後のオレンジ株式会社の、そして社長ご自身の抱負をお聞かせください。
22年間この仕事に携わり、数えきれないほどたくさんのお客様の笑顔、そして時に涙を見てまいりました。
様々な思いが詰まった不動産取引の現場において今必要とされるのは、お客様のパーソナルな問題について、一つ一つきめ細やかに対応できる会社、スタッフだと信じます。
会社設立時から、「オレンジの商品はスタッフ!」と唱えてまいりましたが、金太郎飴のようなマニュアル人間を作らず、スタッフのさらなる人間力の向上を目指し、人材育成に努めてまいります。
お客様の目線で物事を捉え、お客様の喜び痛みを自分のものとして感じ、お客様のためにできることを無限の想像力で考え、行動に移すことのできるスタッフを一人でも多く作り出すこと。それこそが、私に弊社に求められるミッションだと考えます。
スタッフ一丸となり、同じ思いの中で、お客様一人一人の満足を追求してまいります。


嵐田専務への質問と答え

banner02f
Q1.専務の経歴をお聞かせいただけますか。
私は、鹿島町の船戸団地で中学校まで育ちました。
母は小名浜名店街のマルショウで、父は(幼い頃の記憶では)幌付きのトラックに乗って、100円小物の移動販売をしていたと思います。
現在は鹿島街道沿いでラーメンショップ(ネギミソラーメンでお馴染み?!)というラーメン屋さんを20年以上経営しています。とっても小さなお店です。

幼い頃はとても貧しかったらしく、つい最近見た母親がつけていた家計簿では、兄と2人の一週間のお小遣いが20円でした(笑)。
そういえばお小遣いをもらって、兄と2人で駄菓子屋さんに5円チョコを走って買いに行ったのを覚えています。今の子供達とはずいぶん違いますね。
高校生の時は硬式テニスに没頭し、毎朝7時に登校して早朝練習、放課後は夜暗くなるまで部活をし、部活後は常磐湯本のテニスクラブまで自転車で行き、夜10時まで一般の大人の方とテニスをするという生活をしていました。結果を得ることが出来たこの頃の努力による成功体験が、今の自分の基礎になっていると思っています。
高校卒業後は、住宅設備関連の一部上場会社に就職したものの4年で退職。その後はかなりの転落人生を経験、職も転々とし(しかしこの間の様々な出会いと経験が私の人生の様々な糧になっていると確信しています)、この業界へ飛び込んだのが今から約7年前。
幸いながらもあっと言う間に過ぎた期間でしたが、こんなに続けてもなお、これほどまでに毎日がワクワクドキドキ出来る仕事に出会えたことは、本当に幸運なことだと思います。

私にとってお客様に会うということは、恋人に会いに行くのと同じ。
今日はどんな笑顔が見れるかな?今日の結果報告で少しは安心してくれるかな?この物件を見せたらきっと喜んでくれるはず!
そんな気持ちで毎日を過ごしています。

Q2.過去にいくつもの素晴らしい賞を受賞されたとお伺いしました。その詳細をぜひ教えてください。
2010年にオレンジに入社してからこのような様々な賞をいただくことができました。

★2010年 ERAグランドチャンピオン(売買部門総合全国1位)
年間売買成約件数 112件(片手契約換算)
年間物件受託件数  69物件  年間取扱高  13億6460万円
★2010年 ERAアジア シンガポール大会  売買仲介成約件数部門 in Asia 第8位
★2010年 ワンズ 売買成約件数部門 全国1位 売買受託件数部門 全国1位
★2011年 ERA売買エリート賞受賞(ベスト10)
★2011年 ワンズ 売買成約件数部門 全国2位
売買受託件数部門 全国1位
★2012年 ERA売買エリート賞受賞(ベスト20)
★2013年 ERAグランドチャンピオン
年間売買成約件数(片手換算) 159件
年間物件受託件数 124件
年間物件取扱高 24億4790万円
★2013年 ERAアジア シンガポール大会
年間売買成約件数 第7位
年間仲介手数料 第6位
★2014年 ERA売買部門ホール・オブ・フェイム受賞
(2度目のグランドチャンピオンによりERA殿堂入)
※2012年度よりワンズは脱退

Q3.専務は毎日多くのお客様やクライアント様との打ち合わせ・お取引をされていることと思います。
そこで専務が常に心がけていること、こだわりがあればお聞かせ頂けますか。
不動産売買のお仕事は、お客様との最初の出会いからお取引完了まで、ずっとお客様からの信頼を得続けて積み重ねる仕事だと考えています。
商売は掛け算です。お客様から信頼を得てどれだけ積み重ねても、一つの失敗でお客様の信頼はゼロになります。
今日、お客様はどちらの不動産会社でお取引をしても安心安全な不動産取引が出来るものと私は思っています。(もし、そうでない不動産会社があったとしたら非常に残念ですが…。)であるとすれば、安心安全だけではお客様にご満足頂けません。

お客様にご満足頂くには、感動や感心・感謝して頂き、最大限のご満足をして頂かなければなりません。であるならば、私は常にお客様に誠実に対応し、ご不安やご心配を抱かせないように細心の気配りをし、私への信頼が揺るがないように、真摯に一つ一つの対応をする事が絶対条件だと思っています。
お客様のご満足は千差万別です。お客様のお悩みや抱えている問題を全て解決し、お客様の未来に私が明るい光を照らせる様、今後も日々精進致します。
当社で不動産のご売却をされるお客様の60%近くは、過去に当社で不動産売買をされたお客様からのご紹介です。もっともっと皆様にご満足頂き、いつしかご紹介が80%を超えるようにする事が、今の私の目標です。

Q4.今後の抱負をお聞かせください。
いわき市の不動産市場は、2012年現在、原発被災による人口の流入により好況と言えます。原発被災者の皆様の心痛を考えますと非常にやるせない気持ちになりますが、市場としてはこの様な状況となっております。
しかし全国的に見れば、少子高齢化、人口減少、地域格差による若者の流出等で、一部の都市部を除き不動産市場は決して好況とは言えません。
人口減少により次第に不動産購入者が減る事が必至なこの業界は、今後さらなる淘汰がされていく事を私は確信しています。
その中で当社がお客様に選ばれ、生き残って行く為には、やはり人材の確保なのだと思います。来るべき不景気にも揺るがない少数精鋭の不動産会社を目指すべく、人材の確保と部下の育成に力を入れ、しっかりと備えて行きたいと思います。
会社がずっと存在し続ければこそ、そして質の高い社員を揃えてお客様のご対応をし続ければこそ、オレンジはずっと皆様のお役に立ち続ける事が出来ます。

地域や社会に貢献し、地域の皆様に愛され頼られる、今よりももっと皆様に必要とされる会社を、社長の小林と一緒に作って行きます。


鈴木店長への質問と答え

banner03f

Q1.経歴をお聞かせいただけますか。
私は工業高校を卒業後、市内大手の工場で8年間勤務いたしました。
先輩にも後輩にも恵まれ、家族と働いてるような感覚の素敵な職場でしたが、年数が経つに連れて、人対人の仕事をしたいと思う気持ちが強くなり、苦渋の末、退職を決意致しました。

Q2.オレンジさんに入社を決めた理由はなんですか?
オレンジに決めたきっかけは、折り込みチラシや、電柱の看板、そして不動産とは思えないたたずまいの建物等、家が近い事もあり、オレンジの宣伝力を目にする事が多く、明らかに他とは違う何かを感じ、どんどんと興味が湧き、面接を希望致しました。
正直なところ、面接前までは県内に留まる事を重視していませんでしたので、社長と面接をして、頼りなさや不安要素がもしあれば、どこか県外で挑戦しようと考えていました。
しかし、社長と面談し、考え方や、会社方針、色々な話を聞かせて頂き、男だからこそ感じる、この人だったら一生をぶん投げて、ついて行きたいと強く感じ、入社を決意致しました。

Q3.今後の抱負をお聞かせください。
第一にオレンジを選んで頂いたお客様へ感謝の意を行動に表します。
不動産営業マンとして大切な事は小林代表・嵐田専務から常日頃御指導頂く「人間力」です。
思いやりや希望を叶えたいと思うお客様へ親身になって寄り添い、私達オレンジスタッフが頭で汗をかき、足を使って行動に移し最良の結果を追求する事こそがお客様の期待値を超え、ご満足頂ける全てだと思っております。
今後は今まで以上に「人間力」に磨きをかけ、オレンジを選んで頂いた御客様をはじめ、将来不動産に関わる悩みに直面した際には真っ先にオレンジを選択して頂ける様な信用信頼・実績作りを全てのスタッフと一丸となって挑戦し、店長としての役目を果たします。
オレンジはお客様からの笑顔を糧に今後も留まる事なく不動産に関わる全てのお客様を幸せにします!
是非ご期待下さいませ。


河野さんへの質問と答え

banner06f

Q1.経歴をお聞かせいただけますか。
大学卒業後、金融・ITと東証一部上場企業にて15年にわたり営業管理職として勤務してきました。新卒の頃から『倒れる時は前のめり』が社会人としての当然のスローガンなのだと叩き込まれ、徹底的な社会人教育を受けました。厳しい環境ではありましたが、社会人として常々努力する大切さと、仕事での遣り甲斐を学べたことは、私にとって大変貴重な時間でした。 長年、東京で仕事一筋に打ち込んできた私ですが、いわきの女性と結婚する為に、いわきまでやってきました。これまでの業種とは異なりますが、人一倍タフな精神で邁進していきます。

Q2.オレンジさんに入社を決めた理由はなんですか?
私は働く上で『遣り甲斐を持って長く仕事をしたい』と考えています。どんな業界であれ、経験を積んでわかること、見えてくる世界があると信じているからです。 いわきに何のゆかりもない私は、まず『いわきを知りたい』と思いました。どんな土地で、どんな人々が住んでいるのか…。この街に興味を持ちました。 そんな私の想いを汲んでくださった方に薦められたのが不動産業界でした。そして、その方が考えるいわきのNO.1不動産会社がオレンジだったのです。 そこからホームページを拝見させて頂き、実際に社長にもお会いさせて頂き、その人柄に惚れ込み入社を決意しました。

Q3.今後の抱負をお聞かせください。
『お客様との出逢いに感謝し、お客様の為に真摯に尽くすこと』を大切にしていきたいです。 “不動産業界”という世界で、お客様の為に“自分が出来る精一杯”を常に意識して、最善を尽くしていきます。今まで出逢ったすべてのお客様の為、これから出逢うすべてのお客様の為に働くこと、そして出逢えたお客様と支えてくれる仲間への感謝の気持ちを忘れずに、とことん突っ走っていきます!!


志田さんへの質問と答え

banner09f

Q1.経歴をお聞かせいただけますか。
大学を卒業後、地元企業でプログラマーやオペレーターをしておりましたが、どうしても大学で専攻していた貿易関係の仕事に就きたく貿易商社に転職しました。そこでは輸入、企画、デザイン、販売、顧客管理がメイン業務で、受注受付、発送、クレーム対応等いろいろな業務に携わりました。好きな仕事ではありましたが、子育ての楽しさに目覚め退職。しばらく母親業に専念しておりましたが、幼稚園、小学校に行くようになるとその時間を利用して、ボランティアや着物の着付け教室で講師をしておりました。楽しかった着付け教室の仕事が震災により激減。あの頃は着物を着る気分にはとてもなれませんでしたから、当然です。そんな時にオレンジに出会い、現在に至ります。

Q2.オレンジさんに入社を決めた理由はなんですか?
「出来る範囲で!」と勤務時間を融通して頂けたのが、大きな理由です。当時、子供がスポーツ少年団で野球をしておりまして、練習の送迎必須、土日は同行することが多く、こちらの希望時間で働かせていただける環境がありがたかったです。

Q3.今後の抱負をお聞かせください。
一期一会!
「あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう」という意味があります。
オレンジを選んで頂いたお客様にご満足いただけるよう、誠意を尽くします!
今出来る最高のおもてなしを、私なりに考え実行します。


根本さんへの質問と答え


Q1:経歴をお聞かせ頂けますか?
私は市内の工業高校土木科を卒業後、地元ゼネコンの建設会社に約12年間勤務致しました。
主に土木工事に携わり、国道や常磐自動車道の建設現場で現場監督を務めてまいりました。
その後、以前から興味があった営業職に携わろうと決心し、建築会社へ転職致しました。建築営業として活動して2年が経過した頃、震災を受けました。震災バブルの影響で人材不足となり、前職の経験を活かし、営業職から建築現場を預けられる立場になりました。そこから約6年間、新築やリフォームの建築現場で現場監督を経験させて頂きました。

Q2:オレンジに入社を決めた理由はなんですか?
前職で営業をさせて頂いていた頃、オレンジ・小林社長とお付き合いさせて頂くようになりました。お付き合いを重ねさせて頂くなかで、お仕事を頂戴できるようになり、住宅のリフォーム工事や新築住宅の建設まで、幅広く一緒にお仕事をさせて頂きました。
そんな中、CAL事業部の立ち上げの話を頂き、ありがたい事にお声掛けを頂きました。
以前から一緒にお仕事をさせて頂くなかで、小林社長の建築に対する斬新なお考えに興味がありましたので、迷うことなく入社させて頂くことを決意致しました。

Q3:今後の抱負をお聞かせください。
不動産と土木・建築は密接な関係があると考えています。土地を造成しなければ宅地にはなりませんし、宅地を購入すれば家を建てます。また、中古住宅を購入すれば、大小に関わらずリフォーム修繕が必要になります。
ただ、いわき市内には建設会社もリフォーム会社も数多く存在します。その中でオレンジ・CALを選んで頂けるように、お客様の立場に立って、寄り添ってお手伝いすることを最重点に考え、お客様から満足を得られるようにすることを目指してまいります。
オレンジと巡り合ったお客様が、ワンストップで住まいに関する事柄を解決して差し上げるのが私の仕事です。
また、CALでは、古き良き70年代のアメリカンヴィンテージに特化したリノベーションを現在展開中です。オレンジ・CALだからこそ提案できる新しいリノベーションを今後、多くのお客様へ発信していきます。
全てはお客様の笑顔の為に、邁進してまいります。


嵐田さんへの質問と答え

Q1.経歴をお聞かせいただけますか。
オレンジへ入社前はゴルフ場のキャディーとして7年間勤めていました。
東日本大震災があり一時的にゴルフ場の営業が困難となり解雇という形になりました。プレーを楽しむお客様の笑顔を見て、そのサポートをする仕事がとても大好きでした。その後オレンジへ入社し賃貸部門として勤めました。
2016年に長男を出産、2017年に次男を出産しました。
2年半育児休暇を頂き2018年7月からオレンジへ復帰しました。

Q2.オレンジさんに入社を決めた理由はなんですか?
募集を見つけた時、不動産という仕事自体が未知の世界で“私に出来るのかな”という不安よりも知ってみたい!と思いました。以前より接客業をしていたという共通点もあり面接を希望しました。
ただ、正直な所・・・一番の理由は社員旅行へ行ける!と募集条件に書いてあったのがきっかけです(笑)

Q3.今後の抱負をお聞かせください。
育児休暇中もオレンジで出会ったお客様から声をかけて頂いたり、御連絡を頂いたりと、どんな時でも人と人の繋がりの大切さやありがたさをとても感じました。
これからも沢山の人に出会うと共に、オレンジと関わり、私と出会ってくださった方たちが笑顔になるように頑張ります♪

 

NaviMenu

コンテンツ | リンク

ページのトップへ戻る